TECHTONE (τεκτων) 社名の由来





● ギリシャ語のテクトンは、“技術を持っている人”という意味で“職人”や“建築家”を意味する。

● 私たちテクトンは職人精神を持って働く企業である。

● 私たちテクトンは採用、育成、教育し最高の人材に育てる。

● 私たちテクトンは人類のために貢献する企業になることを追求する。




名詞テクトンはチクト(τίκτω(tíktō)、産む、作り出す、産み出す)から由来しており、したがって、本来の意味は、“産み出す人”(父)を意味しており、木材、石材や金属を扱う“職人”や“建築家”という意味で使用された。



テクトンは70人訳本から約30回出て、彫刻家、大工、鍛冶屋、金属細工者、石工の意味で使用された。 この言葉は、鍛冶屋(サムエル記上 13:10)、建築家(列王記第二 12:12)、匠人(イザヤ 40:19)、善を耕す人(箴言 14:22)などについて使用された。
ユダヤ人は、さらに知的で貴族的な社会であるギリシャ及びローマとは異なり、肉体労働にかなりの関心を持っており、このことを上手にこなす人をすごく尊敬し、時には彼らの能力を、 神の霊(聖霊)の賜物と思っていたという事実は注目して見る必要がある。